Japanese IB SL

パート2:言語とマスコミの振り返り

「言語とマスコミ」ではメディアの8つ基本概念を勉強し、それに基づいて CA のニュースビデオを作成し、 Written Task を書き、オーラルの発表もしました。この3つの課題を通してメディアとは様々な媒体を使い情報を多数の人々に向けて発信するもので、メディアはすべて商業的意味を持つため、ビジネスはその媒体を上手く利用し「現実」というものを構成し、視聴者や読者を消費者と位置づけている事が分かりました。

私たちは毎日メディアと関わっている為、メディアの情報が商業化されているか/自分がメディアにどのような影響を受けていて、それが良い/悪い影響かどうかなどを理解した上でメディアと関わる必要があると思いました。

個人的にパート2はたしかに私自身との関わりがあるので、深く勉強をする必要を理解することができました。Written Task とオーラルは上手く書け、発表できたと思いますがニュースビデオに関しては問題が多かったので、そこを反省します。次の単元ではもう少し時間を上手く使いたいと思います。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s